the NEW YORKERを読もう(面白い記事を翻訳し紹介)

・米雑誌“the NEW YORKER"の面白い記事を翻訳し紹介 ・インテリジェントでスタイリッシュな小説や記事が満載 ・James SurowieckiのTHE FINANCIAL PAGEが秀逸。これは月1回〜3回掲載。 視点がユニーク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

The Financial Page(Status-Quo Anxiety) August 31, 2009 昨日英文、本文和訳掲載

昨日英文掲載したFINANCIAL PAGE の和訳を掲載します。



The Financial Page

Status-Quo Anxiety

by James Surowiecki August 31, 2009      です。




オバマ政権の健康保険制度改革案が上手くいくか行かないかについて書かれています。

改革案には、概ね国民が賛成していたのですが、いざ改革を進める段になって、皆が反対し出したと言います。これは、人々のstatus quo bias(現状維持しようとする性向)によってそうなるのです。人は、持っているものを失うのを非常に恐れる。現在の健康保険制度が不十分なものであるにもかかわらず、失うとなると、そのことが受け入れらないのです。

しかし、オバマ政権は、改革進めますが、国民の皆様がいやというなら何時でも元に戻します、と約束しています。これにより、国民の不安は緩和されました。日本の政治家もこうあって欲しいものです。やるべきことは、やる、しかも、反対の声にも対応していくということをやって欲しいものです。


では、以下和訳全文投稿します。「続きを読む」をクリックしてください。


 

The Financial Page

Status-Quo Anxiety

by James Surowiecki August 31, 2009


 医療保険制度改革に対してアメリカ人のとる態度は、貞操に関してアウグスティヌスがとった態度と少し似ているところが有ります。かつて、アウグスティヌスは、“主よ、われに貞操を与えたまえ。でもまだ今は要りません”、と述べています。今回の改革案は、圧倒的な支持を得ています。今年前半に実施された国民投票は、抜本的改革が圧倒的多数で可決されています。しかし、実際に抜本的改革を実施する段になると、人々は少し迷い始めています。今では、アメリカ人のほぼ半数が、現在オバマ政権が取り組んでいる改革案に難色を示しています。

 そういった状況は、オバマ政権のすることに何でも反対する人がいて、それが影響しているのかもしれません。しかし、健康保険制度の見直しに関して人々が迷っているという状況は、人間の変化を好まないという根深い心理学的な性向によって引き起こされているのです。例えば、ほとんどの人に、いわゆる“授かり効果(endoement effect)”という現象が見られます。それは、人は何かを所有すると、それを過大評価しがちだという現象です。それに関する簡単な実証実験がなされ、あるクラスの何人かの学生学校のロゴの付いたマグカップを与えて、与えられた学生に売るなら幾らで販売するかを尋ねました。一方、クラスの他の学生にも、そのマグカップを買うならどれだけ支払うか尋ねました。マグカップに対して売り手、買い手で同じ価格が付くわけではありません。マグカップを貰った学生は持っていない学生が買いたいと考えた価格の2倍の価格を設定していました。 ジヴ・カーモン(Ziv Carmonとダン・アリエリ(Dan Ariely)、同様のことを実際の社会でも起こることをを明らかにしています。彼らはダフ屋のふりをして、デューク大学のバスケットボールの試合チケット抽選に申し込んだ人たちに電話をしました。チケットを獲得出来なかった人は、平均すると170ドルなら支払っても構わないと思っていました。しかし、チケットを獲得できた人たちは、2400ドルなら譲ろうと考えていましたということは、純粋運で貴重なチケットを手に入れた人は、手に入れられなかった人の14倍もチケットに価値を置いているということなのです。

 このことを医療制度に当てはめると、現在健康保険に入っている人のほとんどがそのことに非常に価値があると考えています。たとえ、現在健康保険制度が欠陥だらけだとしてもです実際、アメリカ人の70%超が現在の制度に満足しています。現在の制度を改革しようとすると、“授かり効果”が明確に現われることとなるでしょう。ちょうど1年前、調査会社ラスムッセンが行った調査では、米国の健康保険制度を良い、もしくは、素晴らしいと評価した人は調査対象の29%だけでした。しかし、先月全く同じ調査をした際には、それが48%に増えました。健康保険制度が11ヶ月間で急激に改善されたわけではありません。人々は、その制度を変更することについて熟考するようになり、無くなるかもしれないと思ったことが理由で、その制度により高い価値を置くようになったのです。

 “授かり効果”は、エコノミストが“現状維持しようとする傾向(ステータス・クオ・バイアス)”と呼んでいる傾向によって生み出されます多くの研究によって明らかにされていますが、人は所有しているものは、それをそのままに維持しようとする傾向があるのです例えば、401K(確定拠出型年金)についていうと、多くの人は企業がデフォルトで用意している選択肢を採用しがちです。そして、資産の運用方法については、始めた時の運用方法を維持し続ける傾向が見られます。人々は彼らが始めるものなら何に対しても、忠実である傾向があります。現状維持するという選択肢を選ぶということを、人は高く評価します。そうなるのは、単に惰性でそうしているのかもしれません。しかし、人が変化を躊躇するの、損失は避けたいという意識に起因しているのです。行動経済学者は、証明しています。人が何かを損失することにより受ける痛みは、何かを獲得することによる喜びよりも大きいものだと。それだから、人は変化について考える得られるものよりも、失うものに焦点を当ててしまうのです。現在の健康保険制度に完全に満足しているわけではないのですが、それでも、この制度を止めてしまうと言われるとやっぱり不安が先立つものなのです。

 そして、うした不安が、オバマ政権の改革案に対しての大量の故意の誤報によって拡大されました。また、オバマ政権が初期に、改革案によって医療保険制度のコストを削減できるだろうということを強調しす過ぎたことも不安を増大させました。オバマ政権がそうしたのは、理解できないことではありません。誰もが医療保険制度はコストがかかり過ぎると思っているわけですから、コストが削減できるということはセールスポイントになるように思えたでしょう。しかし、問題があるのです。つまりは、コストを削減すると言われると、誰もが何かが減らされるのだと考えるようになるということです。そして、誰もが減らされてしまうものをどうしても失いたくないと考えるようになるのです。


 それでも、人々のそうした変化を避けようとする傾向を変えることが不可能だからといって、健康保険制度改革が実現できないというわけではありません。改革を成功させるためには、反対を押して無理にやるべきではありません。人々に理解させ安心させていくしかありません。それが理由で、オバマ政権は、一貫して約束しています。現在の健康保険制度を人々が支持する限りは、維持していくと。医療制度が改革によって、非効率になり、補償範囲が狭くなったとしても、この約束により人々の不安は緩和されます。また、改革案を議論する際に、“授かり効果”や、“現状維持しようとする傾向(ステータス・クオ・バイアス)”を利用することさえ可能かもしれません。結局、人々は健康保険制度に入っていると思っているものの、そんなに充実した保険ではないのです。なぜならば、個人が手頃な健康保険を得ることは難しいからです。ほとんどの人は、職場を通じて保険に加入しています。保険に加入しているということは、失業していないということでもあるのです。しかし、現在の厳しい経済情勢下では、何時までもその状態が続くという保証はありません。その上、たとえ健康保険に加入し続けられたとしても、実際に病気になって気付く機会が来るかもしれません。健康保険が補償してくれるのは無茶苦茶狭い範囲でしかないと。言い換えれば、人々が健康保険に加入し続けたいと思ってはいるものの、実際には、それは思っているほど十分なものではないということなのです。個人がより手頃なコストで健康保険に加入できるように制度を改革し、一方で保険会社を厳しく指導していけば、現在受けているレベルのサービスは受けられるようになるでしょう。結論として言いたいことは、逆説的ではありますが現状のレベルを維持したいのならば、改革するしかないということです。

スポンサーサイト
[ 2009/08/26 23:56 ] FINANCIAL PAGE | トラックバック(-) | コメント(-)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
癒されたい時に眺めよう
12星座ランキング?
developed by 遊ぶブログ
カテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。