the NEW YORKERを読もう(面白い記事を翻訳し紹介)

・米雑誌“the NEW YORKER"の面白い記事を翻訳し紹介 ・インテリジェントでスタイリッシュな小説や記事が満載 ・James SurowieckiのTHE FINANCIAL PAGEが秀逸。これは月1回〜3回掲載。 視点がユニーク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

The Health-Care Summit: The Unbridgeable Gap オバマの健康保険制度改革 本日英文掲載

 本日は、オバマ大統領が取り組んでいる健康保険制度改革に関して、サロウィッキーが記しているブログがありましたので、その英文を掲載します。明日、和訳掲載します。

 


 

 題名は以下のとおり。

 


 

 オバマ民主党が取り組んでいる健康保険制度改革が米国民から賛同を得らません。先進国で、国民皆保険制度でないのは、アメリカだけです。まあ、そうは言っても80%の人は保険に入っています。低所得者には、メディケイドという制度が有ります。高所得の人は、自分で保険に入っています。入っていないのは、中所得の人が多いのです。保険に入っていない人は、病気になるとどうするかというと、病院に行かない人もいるようです。中には、病院に行って、後で高額な治療費を請求され破産してしまう人も多いようです。結果として、アメリカでは、先進国中では最も寿命が短いのです(単に、脂っこいものばっか食べて太った人が多いのも原因?)。

 

 オバマ民主党の取り組んでいる健康保険制度改革は、国民皆保険制度にするという改革で、取り組み始めた最初の頃は国民も賛成していました。しかし、やはり、今まで保険に入っていなかった20%の人に保険を付保するとなると、その他の80%の人にとっては費用負担だけが増大することを意味するので、皆反対するようになってしまったようです。不況で失業率が10%で高止まりしている状況では、誰も喜んで負担が増えることに賛成するわけがありません。時期が悪いようです。

 

 では、詳細は明日掲載の和訳をご覧下さい。

 


 

 以下に英文全文を掲載します。「続きを読む」をクリックして下さい。

 


スポンサーサイト
[ 2010/03/07 23:58 ] BALANCE SHEET | トラックバック(-) | コメント(-)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
癒されたい時に眺めよう
12星座ランキング?
developed by 遊ぶブログ
カテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。