the NEW YORKERを読もう(面白い記事を翻訳し紹介)

・米雑誌“the NEW YORKER"の面白い記事を翻訳し紹介 ・インテリジェントでスタイリッシュな小説や記事が満載 ・James SurowieckiのTHE FINANCIAL PAGEが秀逸。これは月1回〜3回掲載。 視点がユニーク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

remenbering Salinger サリンジャーの死を悼んで  昨日英文、本日和訳掲載

 昨日掲載英文の和訳を掲載いたします。


 

 題名は以下のとおり。


 昨日掲載の英文は短いものでした。
さくっと訳しておきました。難しかったので、適当に意訳しておきました。全くのデタラメな訳になってしまいました・・・・

 

 風邪気味ですので、ご勘弁ください。


では、以下に和訳全文を掲載します。「続きを読む」をクリックしてください。


 

 私は、10の時に、図書館で“キャッチャー・イン・ザ・ライ”を手にしました。野球の本だと思ったんです。でもすぐに、違っていることに気付き、がっかりしました。私は、ちょっとがっかりさせられた気がしました、。おそらく、他の多くの少年たちも、もっとわくわくする様な話を期待していて裏切られたと感じたのではないでしょうか。後に、私が15の時いきなり外国の寄宿制の学校に入れられたのですが、その作品を読みました。そして、すぐに“フラニーとズーイ”や“ナイン・ストーリー”も読みました。そして、登場人物の若者達の描写に圧倒されました。若者たちは、はっきりとした考えを持っていましたが、賢明さを持ち合わせていました。しかし、私が最も心を打たれたのは、登場人物が心に傷を負っているということでした。皆、現実を生きていく上で、自己嫌悪に陥ったり、苦しんでいたのです。サリンジャーの作品を読む前は、私はそういった人生の苦しみなんて意識したことはありませんでした。読んだ後は、少し自分が大人になったような気がした記憶があります。

スポンサーサイト
[ 2010/02/02 23:09 ] 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-)
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
癒されたい時に眺めよう
12星座ランキング?
developed by 遊ぶブログ
カテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。