the NEW YORKERを読もう(面白い記事を翻訳し紹介)

・米雑誌“the NEW YORKER"の面白い記事を翻訳し紹介 ・インテリジェントでスタイリッシュな小説や記事が満載 ・James SurowieckiのTHE FINANCIAL PAGEが秀逸。これは月1回〜3回掲載。 視点がユニーク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Smash the Ceiling オバマと債務上限引上げに冠する戦い 本日英文、明日和訳掲載

 本日は、8月1日号に掲載のサロウィッキー氏のコラムThe Financial Page の英文を掲載します。和訳は、明日掲載予定です。


題名は以下のとおり。

The Financial Page

Smash the Ceiling

by

August 1, 2011





 アメリカでは債務上限引上げをめぐって、オバマ大統領と野党共党との対立が続いています。引上げが認められないと、債務不履行に陥るしかありません。まあ、大抵の人は、最後は妥協して債務不履行に陥ることは回避されるだろうと思っているかもしれません。しかし、1930年代ににアメリカは債務不履行をしたことがあります(その後、世界中が不況になり、大戦勃発しました)。今回も債務不履行して、借金返せません、となる可能性も無いことはありません。共和党の妥当な提案に折れてオバマが妥協すべきというのがアメリカの世論のようです。

 
 日本にも影響が出ています。ドル安に振れて円が急騰していますし、安全資産の金も高騰しています。
 
 ところで、アメリカの債務は自国のGDPとほぼ同額です。一方、日本は自国GDPの約2倍です。ギリシャより悲惨な状況で、世界一の借金国家です。じゃあ、どうしてアメリカのような債務上限引上げが議論されないのか?それは、日本は財政法上は借金を出来ないので、毎年国会で特別法で借金することを可決しているからです。まあ、可決するしかないわけですが、財政赤字については、そろそろ手を打たないとやばい状態ではないでしょうか。まあ、民主党も自民党も手を付ける気は無いようです・・・

 詳細は、明日掲載予定の和訳全文をご覧下さい。

では、以下に英文全文を掲載します。【続きを読む】をクリックしてください。
スポンサーサイト
[ 2011/07/30 09:58 ] FINANCIAL PAGE | TB(0) | CM(0)
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
癒されたい時に眺めよう
12星座ランキング?
developed by 遊ぶブログ
カテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。