the NEW YORKERを読もう(面白い記事を翻訳し紹介)

・米雑誌“the NEW YORKER"の面白い記事を翻訳し紹介 ・インテリジェントでスタイリッシュな小説や記事が満載 ・James SurowieckiのTHE FINANCIAL PAGEが秀逸。これは月1回〜3回掲載。 視点がユニーク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Superbugs 薬剤が効かない超強力な細菌 本日和訳、英文掲載(6/6)

 今日も引き続き昨日までの続きを掲載します。、最後の部分です。
和訳を掲載し、それに対応する部分の英文を掲載します。



 題名は以下のとおり。


superbugs 

Doctors fear that dangerous bacteria may become entrenched in hospitals.

Medical Dispatch

Superbugs

The new generation of resistant infections is almost impossible to treat.

by Jerome Groopman
 
August 11, 2008


 今日も長いので、和訳、英文のみ掲載します。


 では、「続きを読む」をクリックして下さい。

スポンサーサイト
[ 2010/09/20 23:29 ] Medical Dispatch | トラックバック(-) | コメント(-)

Superbugs 薬剤が効かない超強力な細菌 本日和訳、英文掲載(5/6)

 昨日までの続きを掲載します。
本日も和訳、それに対応する英文の順に掲載します。少し長いです。今日で5/6が終了で、明日が最後になります。 本日も和訳、それに対応する英文の純で掲載します。


 題名は以下のとおり。


superbugs 

Doctors fear that dangerous bacteria may become entrenched in hospitals.

Medical Dispatch

Superbugs

The new generation of resistant infections is almost impossible to treat.

by Jerome Groopman
 
August 11, 2008


 今日は、長いので、和訳、英文のみ掲載します。


 では、「続きを読む」をクリックして下さい。

[ 2010/09/19 22:00 ] Medical Dispatch | トラックバック(-) | コメント(-)

Superbugs 薬剤が効かない超強力な細菌 本日和訳、英文掲載(4/6)

  昨日の続きを掲載します。
本日も和訳、それに対応する英文の順に掲載します。今日で4分の6が終わります。



題名は以下のとおり。

Medical Dispatch

Superbugs

The new generation of resistant infections is almost impossible to treat.

by Jerome Groopman
 
August 11, 2008


 今日掲載する部分では、かつては存在していなかった多剤耐性菌が、抗生物質が使われれば使われるほど増えていると言う現状が記されています。そして、日本ではそういった細菌の脅威と言うのはあまり認識されていないのですが、既に深刻な影響が見られるようです。

 細菌が耐性を持つようになる方法は3種類だそうです。一つは、何らかの酵素を細胞内に獲得してそれが抗生物質の薬効をハサミで切り取るように働く形。2つ目は、細胞内にポンプを備えるようになり、それが外から入ってくる抗生物質の成分を外に吐き出す形。3つ目は、細胞の内部を変えてしまい抗生物質が効かなくする形だそうです。細胞も生き残るためとはいえ、非常に器用に変化をしていきます。


では、本日掲載部分の和訳、それに対応する部分の英文の順で掲載します。「続きを読む」をクリックしてください。


 








[ 2010/09/18 23:34 ] Medical Dispatch | トラックバック(-) | コメント(-)

Superbugs 薬剤が効かない超強力な細菌 本日和訳、英文掲載(3/6)

 昨日の続きを掲載します。
本日も和訳、それに対応する英文の順に掲載します。少し長いです。


 題名は以下のとおり。


superbugs 

Doctors fear that dangerous bacteria may become entrenched in hospitals.

Medical Dispatch

Superbugs

The new generation of resistant infections is almost impossible to treat.

by Jerome Groopman
 
August 11, 2008



 

 今日掲載する部分は興味深いところです。
耐性菌と言うのは、抗生物質を使いまくる国だけに存在するものかと思うのですが(実際に病院でのみ見られるものが多い)、1968年にマライタというカニバリズムを実践していた(本当か?)未開の閉ざされた地に行って知らべたら、そこにも耐性菌が存在していたという事実が明かされています。
 まあ、ちょっと信じられないです。川口隊長が生きていたら、現地に赴き勇敢に散ってもらいたいものです。じゃ無くて、勇敢に調査してもらいたいぐらいです。詳細は和訳をご覧ください。帝京大学、院内感染




 では、以下に和訳、それに対応する英文の順に掲載します。「続きを読む」をおクリックして下さい。

[ 2010/09/17 21:12 ] Medical Dispatch | トラックバック(-) | コメント(-)

Superbugs 薬剤が効かない超強力な細菌 本日和訳、英文掲載(2/6)

 一昨日掲載したものの続きを掲載します。
本日は6分割した内の2番目のパートです(6つの中では1番短い)。和訳、それに対応する英文の純で掲載します。




 題名は以下のとおり。

Medical Dispatch

Superbugs

The new generation of resistant infections is almost impossible to treat.

by Jerome Groopman
 
August 11, 2008


superbugs 
Doctors fear that dangerous bacteria may become entrenched in hospitals.

 
 抗生物質に対して、細菌(ウイルス)が耐性を持ってしまうと言うことは誰でも聞いたことがあると思います。そして、また新たな抗生物質を開発しても、じきに耐性を持つと言うことの繰り返しになります。永遠のいたちごっこです。今日のパーツにはそんなことが書かれています。

 さて、6分割して掲載しておりますが、一応最後まで訳し終わりましたので、今日から5日連続で投稿し月曜日までで、このコラムは終了します。
 訳し終わって思ったのですが、私の和訳の中の細菌、ばい菌、ウイルスといった語の使い方が不正確であります。お詫びしておきます。英語では、同じ語の繰り返しを嫌うため別の語で言い換えることが多いのですが、英語原文でそれらの語が使われているのを見て、私はてっきり細菌という単語を言い換えているだけと思ったのですが・・・。どうも置き換えではなく、明確に違うた語として使っているようです。途中で気付いて、それ以降は注意して訳しましたが、遡って修正すえうエネルギーがなくて・・・。誤訳が気になる方は、申し訳ないですが、原文も載せておりますので参考にしてください。あしからず。帝京大学、院内感染


 では、以下に和訳、それに対応する英文の順に掲載します。「続きを読む」をクリックして下さい。
[ 2010/09/16 23:11 ] Medical Dispatch | トラックバック(-) | コメント(-)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
癒されたい時に眺めよう
12星座ランキング?
developed by 遊ぶブログ
カテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。