the NEW YORKERを読もう(面白い記事を翻訳し紹介)

・米雑誌“the NEW YORKER"の面白い記事を翻訳し紹介 ・インテリジェントでスタイリッシュな小説や記事が満載 ・James SurowieckiのTHE FINANCIAL PAGEが秀逸。これは月1回〜3回掲載。 視点がユニーク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

India 2030 20年後のインドについての予測  本日和訳掲載

 昨日掲載英文の和訳を掲載します。



題名は以下のとおり。

Think Tank

Notes about public policy, by Steve Coll.

May 13, 2010

India 2030


 インドでは、経済発展と人口増加が続くと予想されます。2030年には、ムンバイは3300万人の人口になります。東京23区とほぼ同じ面積に、今の東京都全体の人口の2.5倍ほどが住む計算になります。ちょっと想像が出来ませんね。というか、想像しただけでも息苦しいような・・・


 中国であれば、強制的に土地収用したりして、都市を計画的に作ることが出来ます。しかし、インドでは、民主主義が定着しているのでそうは行きません。中国のように、強制力を行使して都市計画を進められたら、多くの人が集中して住んでも問題ない都市が造れるかもしrません。しかし、難しいでしょう・・・




 では以下に和訳全文を掲載します。「続きを読む」をクリックして下さい。
スポンサーサイト
[ 2010/05/25 23:29 ] THINK TANK | トラックバック(-) | コメント(-)

India 2030 20年後のインドについての予測  本日英文掲載

 今日はスティーブ・コルのコラムの英文を掲載します。明日和訳掲載します。





題名は以下のとおり。

Think Tank

Notes about public policy, by Steve Coll.

May 13, 2010

India 2030



 2030年のインドに関するコラムです。

 インドは、中国のように一人っ子政策をとっていませんから、まだまだ人口は増え続けて行きます。また、アジアの都市というのは(日本も含めて)、人口密度が高くなりがちです。そういったことから推測すると、パキスタンとの戦争がなければ、2030年にはムンバイの人口は3300万人、デリーの人口は2600万人と予想されています。


 しかし、人口が3000万人を越える都市って想像できないですね・・。
現在のムンバイの市域は603平方キロで、人口1366万人。それが20年で2.5倍の人口になるとのこと。ちなみに東京23区が面積ではほぼ同じで621平方キロ、人口は880万人。2030年のムンバイ、ちょっと息苦しいのでは・・・。


 あと、ボンベイっていつの間にかムンバイになったんですね。また、ニューデリーもデリーになってしまったんですね。知りませんでした・・・。



 では、以下に英文全文を掲載します。「続きを読む」をクリックして下さい。



 

[ 2010/05/24 23:04 ] THINK TANK | トラックバック(-) | コメント(-)

Terrorism タイムズスクエアのテロ騒動について 本日和訳掲載

 一昨日掲載英文の和訳全文を掲載します。





  ニューヨークのタイムズスクエアで自動車爆弾騒ぎがありました。アルカイダとは無関係です。素人の犯行でした。その後の報道によれば、バングラディシュ人による犯行とのこと。


 おそらく、土曜の浮かれているタイムズスクエアを、ちょっと恐怖を与えてやろうという意図の犯行のようです。昨年末のクリスマスの航空機テロ未遂とは異なるものです。全く素人の犯行で、ドクター・スースの絵本の様と記されています。


では、以下に和訳を掲載します。「続きを読む」をクリックして下さい。

[ 2010/05/05 23:57 ] THINK TANK | トラックバック(-) | コメント(-)

Terrorism タイムズスクエアのテロ騒動について 本日英分掲載

 今日は、スティーブ・コル氏のコラムを掲載します。タイムズスクエア(ニューヨーク)で起きたテロ騒動、自動車に発火物が積まれていた事件についてのコラムです。




 題名は以下のとおり。


Keywords





 2001年に9.11テロが発生して以降、よく考えてみたら、アメリカ本土ではアルカイダが関与したテロは全く発生していません。


 理由は、2つです。
 1つは、アルカイダ側に、アメリカ本土でテロを実行出来るような人材が不足しているということです。
 もう1つは、アメリカでは非常にアルカイダに対する警戒が厳しいので、アルカイダがテロを実行することが事実上不可能だということです。一説には、アルカイダがテロを企てても、おそらく実行に移す前に当局は防ぐことが出来るだろうと言われています。


 今回のタイムズスクエアの騒動は、アルカイダによるものではないと推測されています。ニュースを見て、そう思った方も多いと思います。ちょっとした火薬や薬品を使っているようすが、アルカイダのような組織がやるや方ではないようです。明らかに素人仕事です。やることがこなれていません。こういう素人によるテロ(まがいのこと)は防げません。当局も予想がつきませんし、アルカイダに関係するものを監視することは可能でしょう、危ない素人全員を監視することは不可能だからです。


詳細は、明日掲載の和訳をご覧下さい。



では、以下に英文全文を掲載します。「続きを読む」をクリックして下さい。


[ 2010/05/03 23:54 ] THINK TANK | トラックバック(-) | コメント(-)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
癒されたい時に眺めよう
12星座ランキング?
developed by 遊ぶブログ
カテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。